☆hide's blog☆

会いに行けるアイドル(AKB48)を生で見て

映画
元のサイトで完全版を読む
土曜の朝8時過ぎ。 普段は絶対こんな時間に六本木を歩く事はなく、案の上、ヒルズも空いていました。 目的地は「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」
今や全国区のアイドルグループ「AKB48」の、初となるドキュメンタリー映画 『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued   10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』(長い…) の公開初日&舞台挨拶のチケットが当たったので、行ってきました。
2枚目の画像
映画の内容はそのタイトル通り、AKB48初期の頃からのグループの変遷をまとめながら、 舞台裏での様子を映し、主要メンバーのインタビューを挟んでいく、というものです。 ライブ映像や歌も、記録として必要な個所に少し流れるだけで、 映画は淡々と進んでいきます。 私がAKB48を知ったのは、メジャーデビュー曲『会いたかった』ですが、 当時は「どうせモー娘。の2番煎じ」ぐらいにしか思っていなかったので、 まともに楽曲を聴くこともありませんでした。 それが2010年に入ると、卒業ソングとして合唱曲の『桜の栞』が発売され、 「こんな歌も歌ってるんだ~♪」と思えるようになり、 夏の選抜総選挙で大島優子が1位を奪取したあたりから、 彼女のブログを読み始め、徐々に好きになっていった、という感じです。 ですから、デビュー5年を経過したAKB48の歴史や 楽曲も殆ど知らずに映画を見ました。 恐らく、私を含め多くの人が彼女達「アイドル」に対して抱いている感覚は、 当たり前ですがメディアやライブ(劇場)で露出しているものがベースですから、 元気一杯に歌い踊る姿しかイメージできません。 (方法は色々どうであれ)年間チャートを賑わす存在になった今だからこそ、 このようなドキュメンタリーで、グループや個人の本当の姿を知ってもらうのは とてもよい事だと思います。 見た感想は、AKBに対しての思い入れや付き合い方で変わってくると思いますが、 「こんなに命懸けてやってたのかよ!!」 という驚きは、きっと全員が思うでしょう。 プロ意識の高さ。 想像のレベルを超えた激しさです。 お互いが仲間でもありライバルでもある関係。 1期生とその下の世代との意識のギャップ。 チーム(※普段は、A/K/Bと3チームに分かれて公演しています)への思い入れ。 自分の役割やポジションの葛藤。 将来への不安。 そして希望… そんな、活字にしてしまうと薄くなって申し訳ないくらいの「今の」思いを インタビュアーでもある寒竹ゆり監督がしっかりと引き出しています。 まあ、全編がシビアな内容というわけではなく、普段の仲良しぶりや、 バカ話で盛り上がっている所などもありますので、 純粋にファン目線で見ていても楽しいと思います。 ~映画の中の大島優子さん~ インタビューの場所はスキー場♪
3枚目の画像
ブログでは、お正月に実家(栃木)に帰った時に、家族とスノボを楽しんだ という記事がアップされましたが、映画の撮影も兼ねていたのですね^_^; 年に10回くらいは行っていたのが、最近は年に1回くらいになっちゃった、 と言ってましたが、軽く披露してくれたスノボの腕前はなかなかのものでした☆ 「司会役とか進行役とか、優等生だったけど、イヤでしたね。  もっと壊れればいいのに、って言われて、そこから崩壊しました」 「(去年の)総選挙が辛かったかも。  環境が変わった。  周りの人に『1位の人』として見られるようになった。  AKBを引っ張って行こうね、という思いですね」 「AKB48は好きでもあり、嫌いでもある。  嫌いな所は、甘えちゃう部分。好きな所は、助け合える部分」 「卒業はずっと考えています。  19歳ぐらいから。  自信はないですけど、チャレンジしたいですね。 何でも。  アートになるなら裸になってもいいし。(!!!)  何でも表現したいです」 「5年後、AKBにいなかったとしてもグループとして残っていてほしい。  だからこそ、私達がちゃんとやっておかないと。  総選挙で1位になったというのもあるし、  個人でお仕事するときはAKBの評判を下げないようにやらなくちゃ  と、いつも思っています」 ********************************* 映画が終わり、いよいよ舞台挨拶☆ まずは各TVのカメラが10数台、最後尾に入っていき、 スチールカメラは数えきれないほど、最前列に陣取ります。 待つこと10分。 主要メンバーが登場しました。 皆さん、細っ!!! そして顔ちっちゃっ!!! 映画に出てよかった所や、(カメラが入って)困った所などを話しながら、 全国で中継している映画館のうち、メンバーの出身地でもある 鹿児島と大分を電話回線で繋いで直接声を聞いたりと、盛り上がっていました。 前田敦子曰く、映画のカメラが入ったのが去年の10月くらいで、 もっと前からの映像が使われていたり、見てビックリした所もあるそうです。 最後は、キャプテンの高橋みなみが、 「私達はアイドルであり人間であると。  好きな方 嫌いな方にも見て頂きたいです」 と男前に締めました(^_^)
4枚目の画像
こうしたイベントも慣れていて、さすがに皆さんカメラ目線で笑顔を見せていましたが、 大島さんがTVカメラが抜いてない時に、完全に表情が沈んでいたのが気になりました。 映画のインタビューでも語っていた通り、非常にプロ意識の高い子なので、 連日AXでのライブ中だった事もありますが、とても疲れていたのかな?と。 AXでは4日間に渡って、ファンが選んだベスト100の公演が開催されていました。 関連ユニットも入れると300曲近いエントリーの中から、本日最終日 自身がセンターを務めた『ヘビーローテーション』が堂々の1位となり、 少し元気になりましたでしょうか?
もっと見る
タグ
AKB48
DOCUMENTARY of AKB48
大島優子