☆hide's blog☆

Superfly FCライブ「ザ・ベスト10+2」 in JCBホール

音楽
元のサイトで完全版を読む
Superflyのファンクラブ限定ライブ 「Request Live ザ・ベスト10+2」
なにしろ限定なので、会場や時間などの詳細は終るまで公表できなかったのですが、 全国8ヶ所のライブハウスを回るツアーで、東京はJCBホールで行われました。 基本的にファンクラブ本人しか申し込めませんので、多くの観客が一人参戦。 その為か普段より開演前が静かでしたw JCBはアリーナはスタンディングですが、私の席はバルコニー席。 それでも横長の会場なので、ステージとの距離はZeppの2Fよりも近いです。 今回の選曲は、ツアータイトル通りの ”リクエストベスト10” 事前にファンクラブで投票したベスト10を歌います。 何がランクインしたかは聞いてのお楽しみという企画で、なかなか面白かったです。 で、1曲目は『I Remember』 いきなり志帆さん一人出てきて、アカペラから入りました。 通常のライブやフェスであれば、最近は『Alright!!』で幕開けするのが 圧倒的に多いのですが、まさかのバラードでスタートです♪ 続いて『ハロー・ハロー』 これもスローナンバーですね。 歌い終えて会場を見渡し、ギッシリの人の多さに 「こりゃすごいな~」と暫し見とれる志帆さん。 ツアー最終日でだいぶ慣れてきたのと、ファンクラブツアーという事あって、MCも 時折愛媛弁を交えながら客席とやり取りしていて、とてもリラックスした空気でした。 ここでライブの構成を発表。 演奏順は色々考えたようですが、なんと文字通りベスト10形式で演奏する事にしたようです。 という事で、先ほど演奏したのは10位と9位。 続いて8位と7位を歌います!(ラジオみたい) とアコギを手にセッティング。 『春のまぼろし』 2ndアルバムの曲で、昨年のツアーで聴いて感動した曲。 武道館やフェスなどでまずやらないので、さすがFCライブ。 この1曲が聴けただけで満足です(*^^)v 若干風邪気味なのか、少し声(とブレス)がしんどそうでしたが、 その分とても丁寧に歌ってくれました。 『愛に抱かれて』 ここまで全てバラード♪ この順位は本人も意外だったと思いますが、レア感が増しますね。 絶対1曲目はアゲアゲで来ると思ってるだろうから、 1曲目から『I Remember』を歌うとはこの先何かないと歌わないと思うw 踊りたい?  みんなが作ったセットリストだからね^^ と、ここでリクエスト時のメッセージを2つ紹介。 そのうち一つは沖縄からの参戦! 沖縄ではやらなかったから、東京に来られたんですね(^^)b 次でやっとアップテンポなナンバーが来ました。 『Wildflower』 最新曲だったので、早くライブで聴きたい!という方が多かったのでしょうね。 『マニフェスト』 これは2ndシングル。 志帆さんも好きな曲らしく軽くガッツポーズしてました。 次の曲は、「これからもみんなと一緒に歌っていきたいと思います」 『愛と感謝』 サビの「今日も~明日も~ 愛と感謝に生きよう~」をみんなで歌うのですが、 やはり志帆さんのキーをナチュラルに歌うのはムリ! なので、全部裏声で歌いきりました^^ 今日は「ベスト10+2」としていますが、ここでその「プラス2曲」を披露。 1曲は、圏外で惜しかった曲 『Dnacing On The Fire』 この辺でノリのいいのやっておかないとですもんね。 会場全体で踊りまくりました♪ もう1曲は、「みんなが絶対求めている曲」 『スキップ・ビート』 ご存じKUWATA BANDのカバーで、以前TVでもやりましたね。 こういう ”エロい”路線の曲はSuperflyにはないので新鮮です。 桑田さんへのエールにもなったかも。 以前ライブ後のアンケートで好きな曲にこの曲が書かれていて、 ちょっと悔しかった志帆さんでした(^_^;) 3位は『凛』 これはシングル『マニフェスト』のカップリングで、アルバム未収録曲。 志帆さんの初作詞曲でもあります。 人気はあるのはわかってたけど、まさか3位に入るとは思わなかったそうです。 2位『タマシイ・レボリューション』 これも新しい曲ですね。 今年はNHKのWC中継でさんざん聴きました。 そして華麗なドラム・ロールから1位! 『愛をこめて花束を』 もしかしたら、ファンクラブなので、この曲は外れるかも、 と思いましたが、しっかり1番人気でした。 やはり名曲ですね。 すご~く歌うの難しいけどw ベスト10が終り、本来ここでライブも終るはずですが、 しっかりアンコールを用意してくれていました。 しかも新曲! 『Eyes On Me』 ゲームソフトのテーマソングで、12月15日リリース。 前のシングルが自分と向き合った曲だったので、 今回はラブソングにしたかったそうです。 実際、とてもしっとりした歌で、ゲームだと恐らくエンディングにかかるんでしょうね。 アルバムも制作中との事で楽しみです。 曲数こそ13曲でしたが、どれもFC選曲らしい曲で、とても貴重なライブでした。 なにしろ、出す曲出す曲、タイアップやCMなどで「知ってる曲」ばかりですが、 こうしたセットリストも、Superflyらしさが出ていたと思います。 来年もまたナニカFC向けに企画してくれると嬉しいです。 週末はワーナー40周年ライブでまたお目にかかりますが、そこでは何をやるのでしょうか? せっかく御大・山下達郎や竹内まりやと同じステージに立つのですから、 カバー曲でもいいので、何かコラボしてくれるいいですね。
もっと見る
タグ
Superfly
ザ・ベスト10+2
JCB